さまざま効果が期待できるウコン【魅力を徹底解剖】

  1. ホーム
  2. 肝臓を助ける働き

肝臓を助ける働き

ウコン

サプリメントがおすすめ

ウコンは、ショウガ科の仲間です。世界中の熱帯・亜熱帯で湿度の高い地域に自生しています。ウコンは黄色い色素を持つことが有名です。この黄色の色素は、ターメリックというスパイスや染料として古くから利用されてきました。しかし、近年この黄色の色素は「クルクミン」というポリフェノールが含まれていることが発表され、研究の結果数多くの健康効果があることがわかってきたのです。古くから、お酒を飲む人にはウコンが悪酔いの予防になると伝えられていました。これは、実はウコンにあるクルクミンが胆汁の分泌を促進させ、肝機能が向上する効果が期待できるからなのです。肝臓は、アルコールを分解し毒素を排出する機能を持ちます。しかし、暴飲暴食等の食生活の乱れを受けると肝臓の機能は低下してしまいます。ウコンを取ることで胆汁の分泌が促進されて毒素が排出されやすくなり、その結果肝機能が向上すると考えられているのです。また、クルクミンはポリフェノールの一種であることから、炎症を抑える効果や抗菌効果があり、免疫力の向上も期待できると言われています。この他、脳機能を活性化させアルツハイマー病予防に役立つという研究結果も発表されています。このように多くの健康効果が期待できるとされるウコンは、食品やサプリメントで摂取することができます。ただし食品ではカレーや色付けに使用されているたくあん等、あまりその種類が多くなく、毎日必要量のウコンを取るにはかなり困難といえるでしょう。必要量を定期的に、また最も効率的に摂取するには、サプリメントの利用がおすすめです。